27年度の終わり

本堂横の桜も咲き始め、27年度最後の護摩が終わりました。

本日は月曜の平日とあってか、普段以上に参詣の方が少なく、午前は久しぶりに人数0、午後は御一人だけという状況でした。

この毎月の護摩の趣旨は、あくまでも人集めではなく、檀信徒皆様の息災と世界平和をお祈りすることにありますので、どなたのお参りが無い時でも欠かさず行っております。が、しかしフラッと意外な檀家様がお見えになったりすると素直に嬉しくもあり、また檀信徒宗旨関わらずお気軽にお越しいただけると有り難いです。20160328_004835992_iOSところで、↑の画像でお解りのように、護摩を焚くとその灰がたくさんできます。バカな考えだと笑われるかもしれませんが、この灰から墨汁を作ることはできないかと、現在あれこれ調べております。本年末か来年初め頃に写経会を開きたいな〜などと考えていまして、その時にオリジナルの墨がご用意できれば素晴らしいな〜、と夢想しております。


taichi
「信念が事実を創り出す」をモットーに、現代に生きた仏教を模索していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です