4月8日から、仏教勉強会いよいよ始まります!

『井の中の蛙大海を知らず』とは有名なことわざですが、ではいざ大海に出た蛙はどうなるのでしょうか?

実際、蛙は大海で生き永らえることは難しいのではないでしょうか?

私は以前からこのことわざの続きを考えていて、それは大海に出た蛙もいつかは井戸の中に戻ってくるのではないか?ということです。

大海に出て見識を広げて多くの知識を得る。
思うにそれは大切な故郷である井戸の中をより賢く豊かに生きることに繫がるはずです。

敢えて抽象的に言えば、護国寺で開く仏教勉強会もそれと同じコンセプトです。

我々が生きる場所はここじゃない何処かではなく、善悪虚実入り乱れたあべこべの身も蓋もないようなこの日常の現実なのです。

そこでより良く生きる為に大いに活用されるべき『ヒント』や『気づき』や『糧』、つまり『大きな智慧』が2500年を越える仏教の歴史の中には無尽蔵とも言えるほどにたくさん詰まっています。

それらを少しでも活用して、日常の現実のなかのいろんなことを今よりもっとプラスの方向に意味付けしていこうという趣旨でこの勉強会を開きます。

第1回目は、しつこいようですが般若心経の解説をします。

第2回目より、お釈迦様が誕生する以前のインドから遡り、壮大な仏教の歴史を垣間見ていきたいと思います。

どちら様もお気軽にご参加下さい。(^^♪


taichi
「信念が事実を創り出す」をモットーに、現代に生きた仏教を模索していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です