日高村の地質についての研修会

『JRの駅からウォーク』で大滝山を歩く催しを明日に控え、直前ではありますが日高村の観光ガイドが調整池のメダカさん家に集いました。

予定では実際に現地でのフィールドワークを兼ねた研修でしたが、あいにくの雨となり、メダカさん家での2時間に及ぶ座学の勉強会となりました。

専門知識を有する講師の方から、地質に関しての学術的な説明を賜り、地学的な観点から見た日高村の特異性を改めて認識しました。

・国内有数の蛇紋岩地帯がなぜ日高村にあるのか?

・仁淀川の河原の五色石はなぜ5色ものカラフルな色合いになるのか?

そして何といっても、

・大滝山の巨岩はどのように形成されたのか?

大滝山の巨岩については、あくまでも講師の方の仮説ではありますが、丁寧な説明のお陰で私的にはかなり腑に落ちた感を得られました。

明日の『大滝山修験道の道ウォーキング』では、本日仕入れた新鮮な知識をさっそく織り込みながら、新緑の大滝山を楽しくご案内したいと意気込んでいます。

天気予報もどんどんと好転し、明日は雨上がりの心地良いウォーキングになりそうです! (^^)/

 


taichi
「信念が事実を創り出す」をモットーに、現代に生きた仏教を模索していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です