自然のなかの不自然

高知もそろそろ梅雨が明けるころです。 先日起きた北九州での豪雨による災害では、現時点でも29名の方々の死亡が確認されています。 また、復旧の目処が立たない中今もなお多くの被災者の方々が避難所生活を強いられています。 2017年という、かつて私が小学生の頃に思い描いていた近未来の日本では、科学と文明の力がいよいよ高められ、『雨』が原因で人が亡くなることなど有る... 続きを読む

地域のこと、慈悲のこと

久しぶりにフットパスのお手伝いをしてきました。 (後半は画像中心。前半は小難しいこと書いてます。m(__)m) この日のお客様は村内在住の若い女性お二人。 まだギリギリ熱くはない気温の下、『村の駅ひだか』から地元では通称メダカ池と呼ばれている調整池をめぐる、約2時間強のコースでした。 2時間強と言っても歩調はゆっくり、案内役の高野さんによる植物や虫そして野鳥... 続きを読む

カモカモ来山!

地元の加茂中学校生徒会によって命を吹き込まれたマスコットキャラ『カモカモ』。 昨日、その『カモカモ』が穀雨の晴れ間を縫って、護国寺に舞い降りました。 護国寺の本尊不動明王は今年酉年の守り本尊。 不動明王の後背のカルラ炎に隠れたガルーダ(火の鳥)達と相通ずるものがあったのか、しばらく堂内に佇んでいました。 本堂を出ると、名残惜しそうに加茂の地を眺めていま... 続きを読む

花見の下見

寺報で紹介させていただいた廣瀬公園へ再びお邪魔しました。 ご覧のように、インタヴューで話されていた宴会小屋の屋根は綺麗に葺き替えられていました。   小屋の中も、長テーブルと座布団がセッティングされて、土佐人が言うところの『おきゃく』つまり宴会がいつでもできる状態です。 早速27日には10名の御一行の予約が入っているとのこと。 ヨウコウ桜はひと際早く満開を... 続きを読む

加茂小学校卒業式

先日の中学校の卒業式には、やむをえず出席叶いませんでしたが、今回の小学校卒業式には出席させていただき、16名の卒業生の晴れ舞台を見守らせてもらいました。 C・G・Cのピアノのコードが起立・礼・着席を促した時、私の普段の日常の合掌・チーン・礼拝の所作がその対極として思い起こされ、懐かしさと共にまた初めて味わうかのような不思議な新鮮さを改めて感じたのでした。 約... 続きを読む