大和修験會『四国南北修験の道』お知らせ

『第一回四国南北修験の道』のお知らせ

ご承知の通り、大和修験會は聖護院の末寺である本山修験宗の龍禪院が主体となり、宗派を超えた全国からの有志を率いて富士山での修行に励んで参りました。
そしてこの度、昨年10月の第十回冨嶽両界峯入修行の萬行を記念し、富士山に加えて四国での山修行を新たに計画いたしました。

四国は古くから弘法大師の御足跡を辿る88ヶ所霊場の地として、全国から巡拝者の方々に親しまれてきました。また、近代以降の石鎚山は石鎚本教が中心となって修験の法灯を護って来られました。
その四国の地そのものを自然の曼荼羅の如く見立て、且つその尊さと神聖さを修験者として敬いながら、四国の自然と伝統をより盛り立てていく為の修行。それを我々は『四国南北修験の道』と銘打ちました。

その内容は『四国南北修験の道』という名の通り、土佐湾太平洋での水垢離に始まり、四国山脈の縦走を経て石鎚山に登拝し、そこからさらに瀬戸内海の海水に手を浸すまで歩き通す、正に前代未聞の山修行となっております。
まる四日間を要す日程は総距離133kmに及び、前半は日本一の透明度を誇る清流仁淀川に沿ってアスファルトの道をひたすらに北上、続く後半の四国山脈縦走に於いては、ほぼ垂直に80mに亘って掛けられた子持権現山の鎖場でも細心の注意を払いながら修行させていただきます。

例年通り、今回も宗派を問わず一般の方々も含め篤志の参加者を募りたく、以下に日程をお伝えさせていただきます。

追記(3月26日):★一日だけの参加も可能となりました!(^^)/ (参加費2万円)

 

記 【令和三年度 大和修験會 第一回四国南北修験の道】
◆日 時 5月2日(日)~5月5日(水)
◆集合場所 5月2日(日)午前4時40分 仁淀川河口海岸駐車場 集合
◆会 費 80,000円 (保険、飲食代金、お供え含む)
◆服 装 鈴懸もしくは作務衣
◆準 備
念珠・袈裟・杖・笠(頭にかぶる)・白衣・地下足袋(白のランニングシューズ等可)・防寒着(ヒートテック・スパッツ等可)・滑らないグローブ・雨具(カッパ・ゴアテックス等可)
(弁当・軽食・飲料水はこちらで支給いたします。)

《行 程》
〔1日目〕 午前4時40分、仁淀川河口海岸駐車場に集合→5時10分、水垢離→6時出発→仁淀川に沿って北上→国道33号線を西に→小村神社正式参拝→錦山能津峠越え→国道194号線を北上→ファミリーマートいの町吾北店→午後5時30分、川又屋旅館到着
〔2日目〕 午前5時、ファミリーマートいの町吾北店出発→清水下分大野集落経由→国道194号線に合流→旧寒風山トンネル入り口駐車場→午後7時、木の香温泉到着
〔3日目〕 午前4時30分、旧寒風山トンネル入り口駐車場出発→桑瀬峠→伊予富士→東黒森→西黒森→瓶ヶ森→子持権現山→伊吹山→午後4時50分、土小屋国民宿舎到着
〔4日目〕 午前3時、土小屋国民宿舎出発→石鎚山頂(弥山・天狗岳)→成就社→今宮口登山道下山ルート→河口→県道12号線→県道142号線→午後4時、龍神社到着→午後4時半解散→JR岡山駅・JR高知駅まで送迎可能

さらに詳しい日程はこちら!

※参加申し込み及びお問い合わせは

〒885-0002 宮崎県都城市太郎坊町7742-1
大和修験會
代表:宮元隆誠
副会長:長道圓俊
副会長:内田善基
幹事長:谷泰智
事務局:宮元香芳理携帯090-7928-2366 TEL0986-38-1851 FAX0986-38-2945
activecom24@yahoo.co.jp

 


taichi
「信念が事実を創り出す」をモットーに、現代に生きた仏教を模索していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です